高畑裕太その2

どこぞの組のもんか!

って思いたくなるほどの恫喝するような睥睨するような釈放時の高圧的な態度。

周囲に怒鳴りつけるような声での謝罪の言葉。

これだけやっときゃ文句ねーだろ的な頭の下げ方。


あ~ぁ、全く何も分かっちゃねーな。




"高畑裕太その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント