久し振りのアルです

画像
LENSBABYのユニットにPLASTICレンズを装着。絞りリングは4番です。
撮影はRAWファイルで撮ってImage Data Converter Ver. 4で現像してます。
JPEGでも撮りますがこれは構図だとかピントの確認用です。

かなり厳しい逆光なのでJPEGで見ると顔はほぼ黒く潰れています。

それを、明度を上げ、コントラストを上げ、彩度は少し下げてアルの本来の性格とは全く違う精悍な表情に仕上げてます。


こういう事を書くと必ず「なんだ加工か」って言い出す輩がいるので面倒なのですが、

いいですか、フィルム現像の時代から現像自体がそもそも加工なのです。

幾多の化学反応を経て最後に好みの色味に仕上げる為にプリント現像時に操作するフィルター操作を

加工と言わずして何が加工なのか。



自分が持ってる高額器材の自慢しかしない長玉至上オヤジとか

写真を撮る事をファッションとしてしか考えてないオロカオンナに限って

加工って嫌い、って言うのが多いからイラつくのだよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック